翻訳フェスティバル2019 世界の名作への扉

Description
翻訳フェスティバルは「翻訳」を軸に海外文学の魅力を語り合うイベントです。
第2回となる今回は、翻訳家の皆さんによるトークセッション「名作はいつも新しい」と、「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」の授賞式&トークショーの2部構成でお届けします。
  • 日  時: 7月20日(土)14:00~17:00(開場13:30)
  • 会  場: 韓国文化院(2階ハンマダンホール)/ 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 1、2番出口より新宿方面徒歩3分
  • 入 場 料: 無料
  • 定  員: 300名
  • 主  催: 駐日韓国大使館 韓国文化院・株式会社クオン
  • 後  援: 韓国文学翻訳院
<プログラム>
14:00~15:30
Part 1 名作はいつも新しい

書店に並ぶ海外文学の翻訳書のなかには、原作の刊行から間を置かずに翻訳されたものもあれば、数十年、100年と時を経て翻訳された作品もあります。そのような古典名作の数々が、発表された時代や地域の垣根を超えて今の日本の読者に訴えかける魅力とは何でしょうか。現代文学を訳す場合との違いはあるのでしょうか。将来「古典」となりそうな現代の作品は?――第一線で活躍する翻訳家の皆さんに、語っていただきます。
登壇者 (敬称略):
阿部賢一(チェコ語)、金原瑞人(英語)、小磯洋光(英語)、河野万里子(英語・仏語)、斎藤真理子(韓国語)

15:40~16:40
Part 2「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」トークショー&授賞式

第2回「日本語で読みたい韓国の本」翻訳コンクール(主催:株式会社クオン・K-BOOK振興会、後援:韓国文学翻訳院)には国内外から総勢167名ものご応募があり、審査員による厳正な審査の結果、課題作それぞれの最優秀賞受賞作が決定致しました。
当日は受賞者2名の表彰と共に、実際の応募作をもとにしたより具体的な講評・アドバイスを審査員によるトークセッション形式で行います。翻訳家を目指す方は必見です。
登壇者 (敬称略):
きむ ふな、中沢けい、古川綾子、吉川凪(以上、審査員)、李聖和、藤田麗子(以上、受賞者)

<登壇者プロフィール(五十音順)>
Part 1
阿部賢一(あべ けんいち)
東京大学准教授、翻訳家。専門は、チェコを中心とする中東欧文学、比較文学。著書に『複数形のプラハ』(人文書院)、『カレル・タイゲ』(水声社)。訳書に、パトリク・オウジェドニーク『エウロペアナ』(共訳、白水社)、ボフミル・フラバル『わたしは英国王に給仕した』、ビアンカ・ベロヴァー『湖』(以上、河出書房新社)など。『エウロペアナ』で第1回日本翻訳大賞受賞。

金原瑞人(かねはら みずひと)
法政大学教授、翻訳家。訳書は児童書、ヤングアダルト小説、一般書、ノンフィクションなど、500点以上。訳書に『豚の死なない日』『青空のむこう』『国のない男』『不思議を売る男』〈パーシー・ジャクソン・シリーズ〉『さよならを待つふたりのために』『月と六ペンス』『文学効能事典』『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』など。エッセイ集に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーにマティーニを教わった』など。監修に『10代のためのYAブックガイド150!』『12歳からの読書案内』など。日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』『怪談牡丹灯籠』など。http://www.kanehara.jp/

小磯洋光(こいそ ひろみつ)
翻訳家。イースト・アングリア大学大学院で文芸翻訳を学ぶ。英語圏の文学作品の翻訳のほか、日本文学の日英翻訳にも携わる。翻訳書にテジュ・コール『オープン・シティ』(新潮社)があるほか、アン・カーソンの詩の翻訳も手掛ける。「With or Without Dictionaries 日本語を翻訳する人たち」をフィルムアート社ウェブマガジン「かみのたね」に連載中。http://www.kaminotane.com/editor_profile/1948/

河野万里子(こうの まりこ)
翻訳家。上智大学非常勤講師。訳書にドナ・ウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』、フランソワーズ・サガン『悲しみよ こんにちは』(以上、新潮社)、ジャン=ドミニク・ボービー『潜水服は蝶の夢を見る』(講談社)、エーヴ・キュリー『キュリー夫人伝』、ルイス・セプルベダ『カモメに飛ぶことを教えた猫』(以上、白水社)、フランシーヌ・クリストフ『いのちは贈りもの~ホロコーストを生きのびて』(岩崎書店)、コレット『青い麦』、『シェリ』(以上、光文社)など。

斎藤真理子(さいとう まりこ)
翻訳家、ライター。共訳書『カステラ』(クレイン)で第1回日本翻訳大賞を受賞。訳書にチョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』、(河出書房新社)、パク・ミンギュ『ピンポン』、ハン・ガン『回復する人間』(以上、白水社)、ファン・ジョンウン『誰でもない』(晶文社)、チョン・セラン『フィフティ・ピープル』(亜紀書房)、チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)、李清俊「虫の話」(『絶望図書館』所収)、李清俊「テレビの受信料とパンツ」(『トラウマ文学館』所収、以上ちくま文庫)など。

Part 2
<受賞者>
「고요한 사건」 最優秀賞

李聖和(い そんふぁ)
関西大学法学部法律学科卒業後、メーカーの輸出部門に勤務。その後渡韓し、韓国外国語大学通訳翻訳大学院韓日科・国際会議通訳専攻修士課程卒業。日系広告代理店の専属通訳などを経て現在IT企業にて通訳、翻訳業務に従事。
韓国文学翻訳院翻訳アカデミー特別課程第10期修了。

「선릉 산책」 最優秀賞
藤田麗子(ふじた れいこ)
中央大学文学部社会学科卒業後、実用書、韓国エンタテインメント雑誌、医学書などの編集部を経て、2009年よりフリーライターに。現在は韓国に居を移し、韓国エンタテインメント雑誌、単行本、ガイドブック、パンフレットなどに執筆。
韓国文学翻訳院翻訳アカデミー特別課程第10期修了。

<審査員>
きむ ふな
翻訳家。韓国の誠信女子大学大学院を修了後、専修大学日本文学科で博士号を取得。
日韓の文学作品の紹介と翻訳に携わる。主な訳書にハン・ガン『菜食主義者』、キム・エラン『どきどき僕の人生』、ピョン・ヘヨン『アオイガーデン』、チョン・ミギョン『夜よ、ひらけ』(以上クオン)、孔枝泳『愛のあとにくるもの』(幻冬舎)、津島佑子・申京淑『山のある家 井戸のある家—東京ソウル往復書簡』(集英社)など、著書に『在日朝鮮人女性文学論』(作品社)がある。津島佑子『笑いオオカミ』の韓国語訳にて板雨翻訳賞を受賞。

中沢けい(なかざわ けい)
作家。法政大学教授。1978年小説「海を感じる時」で第21回群像新人賞受賞。1985年小説「水平線上にて」で第7回野間文芸新人賞を受賞。著書に『麹町二婆二娘孫一人』、『動物園の王子、』『楽隊のうさぎ』(以上、新潮社)、『書評 時評 本の話―1978-2008』(河出書房新社)、『海を感じる時・水平線上にて』(講談社)など多数。共著に『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?』(のりこえねっと)、対談集『アンチヘイト・ダイアローグ』(人文書院)など。

古川綾子(ふるかわ あやこ)
翻訳家。神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学教育大学院韓国語教育科修了。第10回韓国文学翻訳院翻訳新人賞受賞。神田外語大学非常勤講師。訳書にウ・ソックン『降りられない船―セウォル号沈没事故からみた韓国』(クオン)、パク・ヒョンスク『アリストテレスのいる薬屋』(彩流社)、ユン・テホ『未生 ミセン』1-9巻(講談社)、キム・エラン『走れ、オヤジ殿』(晶文社)、ハン・ガン『そっと 静かに』(クオン)、キム・ヘジン『娘について』など。最新刊にキム・エラン『外は夏』(亜紀書房)。

吉川凪(よしかわ なぎ)
翻訳家。仁荷大学にて博士課程修了。文学博士。著書に『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶』(土曜美術社出版販売)、『京城のダダ、東京のダダ』(平凡社)、訳書『申庚林詩選集 ラクダに乗って』、パク・ソンウォン『都市は何によってできているのか』、谷川俊太郎・申庚林『酔うために飲むのではないからマッコリはゆっくり味わう』、チョン・セラン『アンダー、サンダー、テンダー』、朴景利『完全版 土地』(以上、クオン)など。キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』(クオン)で第4回日本翻訳大賞受賞。

==================================================================
【個人情報の取り扱いについて】
・お申込時にご入力いただいた個人情報については、イベントの主催者である株式会社クオンが同社の個人情報取扱い規定にもとづき管理させて頂きます。
・個人情報に関する照会や、訂正、追加または削除については、お客さまご本人から下記お問い合わせ先に別途ご連絡いただくことにより、対応させていただきます。

お問い合わせ先:株式会社クオン
E-mail: cuon@cuon.jp
==================================================================
Sat Jul 20, 2019
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
韓国文化院 (2階ハンマダンホール)
Tickets
入場券
Venue Address
東京都新宿区四谷4-4-10 Japan
Organizer
CUON_CUON
335 Followers